fc2ブログ

東小金井の貸し切り美容室「Quuter」のブログ

「お客様の髪と時間を大切にするお店」東小金井の一人美容室です。縮毛矯正に自信あり!

ポイント矯正のおすすめ

今日は寒いですが、春めいた陽気の日も増えてきましたね~



私は基本的には春は好きなんですが、最近では花粉にやられっぱなしで、大きな声で「好き」と言えなくなっているこの頃です(笑)




で、春になると気温と共に湿度も上がってきますよね。



くせ毛の方はくせが出てきてしまう春でもありますね😅




そこで縮毛矯正をかけたことがない方などにおすすめするのが部分的にストレートにするポイント矯正!




お人形さんですがくせ毛のイメージでパーマをかけた状態




この子を前髪と顔まわりの3センチほど矯正をかけます







すると仕上がりは





全然イメージ違うでしょ!!!





前髪を毎日一生懸命アイロンで伸ばしている方





縮毛矯正かけたほうが髪が痛みませんよ~





暖かくなってくせ毛が出てきましたら、クーターにご相談下さい。


くせが気になるところだけでも縮毛矯正をかけれますので!





クーターのホームページはこちらをクリック

くせ毛の種類と原因・その2

早いものでもう12月に入ってしまいましたね。年明けまであっという間なんだろうなー

インフルエンザも流行ってきているみたいなので、体調管理にはきをつけたいですね!


では前回のつづきです。


今回はくせ毛の原因について少し書きますね



主な原因は次のようなものですのであげてみます。

遺伝
成長や加齢による毛髪内の変化
毛穴のつまり
体調の変化や栄養不足


こんな感じです

まずは遺伝

これは毛穴の形が原因によるくせ毛であることが多いです。
b_07_image01.gif

図のように毛穴の形が曲がったり、歪んだりするとくせ毛となります。


よく「私は両親もくせ毛なのでくせ毛のサラブレットなの!」

なんて話を聞きますが、それは正解!(笑)

両親がくせ毛だと90%を超える確率でくせ毛の子供が誕生すると言われています。

ならば片方の親が直毛でもう片方の親がくせ毛の場合は50%の確率でくせ毛かっていうと、残念ながらくせ毛は優性遺伝子であるので70%の確率でくせ毛の子供が誕生するそうです。

日本人の7割は何らかのくせがあると言われていますので、近いうちに日本人は全員くせ毛になると思いきや、そういうことでもないらしいです。

遺伝って難しいですね~




成長や加齢による毛髪内の変化


子供の頃は直毛だったのに思春期の頃にくせ毛になった、髪が細くなってくせが出てきた、こんな話もよく聞きます。

これは毛髪内のコルテックスという髪の主成分である物質があるのですが、このコルテックスのバランスの変化によるものと言われています。

このコルテックスですが、硬いコルテックスと柔らかいコルテックスの2種類で成り立っていますが、この硬柔の分布のバランスが50対50であれば直毛。偏って分布しているとねじれてくせ毛になると言われています。


そしてこの偏りっていうのが思春期に起きやすい

幼児の髪の毛ってやわらかいですよね?しかし成長すると髪は硬くなっていきます。硬いコルテックスが増えていきコルテックスのバランスがくずれてしまうのでくせ毛になってしまうわけです。

髪が柔らかくなってくせが出てくるっていうのも同じ原理

直毛の人は成長してもバランスが崩れないらしいです。(難しいですねくせ毛って)


毛穴のつまり

頭皮の汚れなどによる原因のくせです。

この人頭洗っていないんだろうなーって人を想像してみてください

くせ毛じゃないですか?(笑)


でもそのレベルまでいかないとくせ毛にはならないです。

「シャンプーのシリコンや油が原因で毛穴が・・」なんてことを言う人もいますが、普通に流せばそんなものは原因にはなりません。


体調の変化や栄養不足

大きな病気をされたりすると、髪が細くなってしまうことがあります。

なのでコルテックスのバランスがくずれてくせ毛になってしまうことがあります。

過度のダイエットなどによる栄養不足も同じような原因でくせ毛になってしまうことがあります。


こんな感じですが、くせ毛の全ては科学的に原因が明らかになっているわけではありません。



下の2つは頭を洗って体調を元に戻せば髪は真っ直ぐになりますが、残念ながら上の2つは縮毛矯正をしないと真っ直ぐにはなりません。


上手にくせ毛と付き合っていきたいものですね。


年末年始のお休み

12月31日から1月3日まで休みますのでよろしくお願いします。

クーターのホームページはこちらをクリック

くせ毛の種類と原因・その1

早いもので今年もあと一か月。年末の香りがプンプンとしてきましたね。

皆様はどこか行かれるのかな~?


さて、今回はくせ毛の種類と原因について書きます。

くせ毛の種類は4種類に分けられます

E382AFE382BBE6AF9B-5b61a.jpg

波状毛
名前の通り波のようにうねりのあるくせです。日本人のくせ毛で一番多いのが波状毛と言われています。
雨の日や湿度の多い日に広がったり、髪が濡れているときはまっすぐ落ち着いているけど、乾かすとくせが出てきて広がる髪などはこれですね。


捻転毛
コイル状に捻じれているくせで、かなり強いくせ毛です。
雨でも晴れでも、濡れていても乾いていても常にくせがでています。
前髪や襟足など一部分だけ捻転毛が混在するという方もけっこういらっしゃいます。


連珠毛
さわるとデコボコした手触りになっているくせです。
体調不良や過度のダイエットなどによる栄養不足が原因で連珠毛のくせになったりします。


縮毛
黒人さんのくせみたいにかなり強いくせ毛です。日本人にはほとんどいません。
美容室でくせ毛を伸ばす技術を「縮毛矯正」とはいいますが、くせ毛の総評として「縮毛」が使われていますので本物の縮毛のお客様が来られると、縮毛をきれいに伸ばせる美容室はほとんど無いです。



日本人のくせ毛はほぼ波状毛と捻転毛です。
Quuterに来ていただいているくせ毛のお客様も7~8割は波状毛ですね。




次はなぜ髪が曲がってしまうかという原因の話ですが、次回に続きますね。




年末年始のお休み
12月31日から1月3日まで休みます
よろしくお願いします。


ホームページはこちらをクリック

縮毛矯正のダメージ

お盆を過ぎたというのに暑い日がつずきますねー

皆様体調は崩してないでしょうか?

お互い夏バテには気を付けましょうねー



さて、最近ご来店頂いたお客様に


「縮毛矯正失敗されて傷んだー」

と来店された方が続けて来られたので、ちょっと縮毛矯正とダメージに関してお話ししたいと思います。


まずなぜ縮毛矯正で傷むかというと、ほとんどの場合は

薬剤の選択ミス・放置タイムの設定ミスです。


カウンセリング不足などから髪のダメージ度合いを見誤って、強い薬剤を使ってまったり、時間を置きすぎてしまったりして薬剤が反応しすぎて髪が耐え切れなくなって、ダメージになってしまいます。


縮毛矯正は弱酸性矯正だとか、アイロンを使わない矯正だとか、ノンアルカリ矯正だとか、魔法の水の矯正だとか、縮毛矯正もイロイロ種類がありますが、これすべてに言えることは



薬剤が反応しすぎたらどんな矯正も傷むよー


ということです(傷むリスクの確率は種類によって変わりますが)


しかし矯正は薬剤を反応させないと癖は伸びませんので、どんな矯正のやり方でも髪のダメージを見極められないと失敗のリスクは必ずあります。


で、一度傷んでしまった髪を修復することは非常に難しいから、さらに注意が必要なんです。



縮毛矯正はダメージを最小限に抑えながら癖を伸ばすのが大切


その為のアプローチはイロイロあっていいと思います


しかし、縮毛矯正はどんなやり方でも失敗のリスクはある事をお忘れなく!


特に白髪染めや、ホームカラーをされている方は失敗されやすいので、気を付けてくださいね。



クーターの縮毛矯正はお客様のダメージを抑えるためにトリートメントも炭酸泉もセットになっています。



だって傷ませたくないから!


まだまだ蒸し暑い日が続いていますので、癖が気になる方はクーターにご来店くださいね~


℡042-401-1548

ホームページはこちら

縮毛矯正は傷むのか?

早朝からのサッカー観戦で寝不足気味の高田です。


いやーサッカー日本代表残念でしたね~

自分がこれだけ悔しいのだから、選手、関係者はもっと悔しいはず。

4年後に向けての奮起を期待ですね!



本題に行きましょう。

梅雨に入り、縮毛矯正をかけるお客様が増えてきました。

縮毛矯正かけたら楽ですもんね~

そこでよく聞かれる質問は



「矯正かけたら傷みますか?」


という質問

正直に答えますと



「はい、傷みます」




それを傷まないように縮毛矯正かけるのがお前の仕事だろ~

って言われそうですが、その通りです


縮毛矯正にしてもパーマにしてもカラーにしても、髪の傷みを最小限にしながらお客様のイメージする髪型にするのが美容師の仕事です。特にクーターはそこに関してはこだわって仕事をしています


インターネットで検索しても、トリートメントストレートやら傷まない矯正やらと傷まないことを売りにしている縮毛矯正はたくさんありますが、

曲がっているものを伸ばすんだもの、傷みますよ~


お客様にとって縮毛矯正の何が大事かってことを考えたときに



仕上がり・持ち・傷み


これらのバランスだと思っています。

傷ませたくないから癖がひどく残る、癖を伸ばしたいから髪がひどく傷んだ、カットで軽くしすぎて持ちが悪いなど、どれか一つずれてしまうとうまくいかないのが縮毛矯正です


クーターはそのバランスをとりながら、お客様に満足していただけるようサロンワークを行っています。


なのでサロンによっては悪いとされるアイロンもアルカリも使っています
(この件についてはまた今度お話します)




厳密に言うと傷むけど、それを最小限に抑えてバランスよく仕上げる。


それがクーターの縮毛矯正です(パーマ・カラーもだけど)


矯正は傷むと言ってきましたが、当店ではもちろん目に見える形で痛みは出ません。最大限傷ませないように施術していますのでご安心を(笑)


ご予約は
℡042-401-1548

ホームページはこちら

このカテゴリーに該当する記事はありません。