fc2ブログ

東小金井の貸し切り美容室「Quuter」のブログ

「お客様の髪と時間を大切にするお店」東小金井の一人美容室です。縮毛矯正に自信あり!

頭がくさいぞ

いつの間にやら梅雨ですね(°д°)嫌な気分になりがちですが、気持ちを高めてやっていこうと思う今日この頃です。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?



暑くなってきて、汗もかくような季節になってきました。我が息子も毎日大量に汗をかいております(笑)



そうなるとやっぱり臭いんですよね~頭が(><)


座っていると膝の上に乗ってきますが、ぷーんと香ばしい香りが漂ってまいります(^O^;)



「くっ‥‥くっせぇ」とかわいい息子でもガマンならない臭いに何とかしなければいけないと、美容師根性に火がつきました。



と言っても難しいことはしていなくて、シャンプーを変えただけです。




今までは赤ちゃんでも使える、優しいアミノ酸のシャンプーを使っておりましたが、それでは洗浄力が足りずに臭いが残っているんだろうってことで、これに変えてみました。






前にもご紹介したシャンプーの改良版が出たんです。ジオ スキャルプシャンプーの記事
このシャンプーもクーターオリジナルトリートメント2と一緒で、新しくいい成分を入れたんだけど、お値段そのままになっています。



成分的にはいいことはわかっていたこのシャンプーですが、臭いに付いての効果は半信半疑でしたが、一回洗っただけでずいぶんと臭いが無くなりました(^O^)



ひざの上に乗ってきても臭くないです(笑)



さすがに子供には毎日使うとちょっともったいないし、生意気なので(笑)頭が臭くなったら使えばいいかと思いますが、今年の夏は重宝しそうです。




お子さんに使う場合は、赤ちゃん用シャンプーとは違い、目に入るとしみますので、注意してくださいね。

予約


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

hair salon Quuter
小金井市梶野町5-9-5 1F
☏042-401-1548
WEB予約はこちら

Quuterホームページ

スポンサーサイト



頭皮を殺菌して良いですか?

だいぶ涼しきなってきましたが、とにかく雨が続いていますね~「秋雨」とはよく言ったものです( ノД`)



息子二人共に保育園に通っておりますので、大量に出る洗濯物が乾かない今日この頃です(笑)






さて、前回こんなブログを書きましたが




シャンプーで毛は生えない


その後にこんな記事がでてました



抗菌石鹸「効果に科学的根拠なし」で販売禁止に:米国



この記事はアメリカでの話ですし、悪影響と言っても人体にどれだけ悪影響があるかもわからないので、すぐに危険だからやめよう!みたいな話はまだ早い気もするので、わたしのような美容師が無責任なことを言えませんし、本当のところはどうなのかはこれから専門家に任せるとして、美容師としていえることは、ならば殺菌って頭皮にも必要なのか?という話です。






まず先に答えを言いますが、頭皮に殺菌は必要か?‥‥






こたえはNo!!(゚д゚)です






シャンプーにも殺菌成分配合の商品っていっぱいありまして、記事の中にある殺菌成分のトリクロサンなんかは日本でもメジャーな成分で、皆様おなじみの薬用石鹸ミューズやちょっと前まではビオレも使っていた成分です。



シャンプーに入っている殺菌成分で多いのは、記事の中には入っていませんが、ジンクピリチオンという成分です。この成分は問題になっていませんし、殺菌成分としての効果はあるんでしょう。




これらの成分は製品になると「薬用」っていう肩書きが付きます。特に男性用シャンプーに入っていることが多いんですよね~





この「薬用」ってのは簡単に言いますと、化粧品以上、医薬品未満の「防止・衛生」に効果・効能がある有効成分が一定の濃度配合されているものです。




なので、先ほど必要はないと申し上げましたが、効果はあるんですよ。





殺菌の効果がね





頭皮限らず、皮膚には正常な状態でも菌はいます。皮膚の状態が正常であれば、菌を排除する事はよくありません。この菌が正常なバランスを失うと、肌荒れ、ニキビの原因になってしまいます。




思春期には皮膚のバランスが崩れやすく、菌が増えすぎて起こりやすいのがニキビですが、確かに菌が増えすぎて起きた肌のトラブルは、菌を取り除くと良くなります。ただし良くなったからといって、ずっと使い続けると、今度は正常ならばあるはずの菌までも殺菌してしまい、今度は別の皮膚の問題を起こしやすいです。




なので、薬用って本当は短期間で使うものなんです。




でも「薬用」ってなんか効きそうじゃないですか?



たとえば、最近ちょっと髪の毛の元気がなくなってきたし、嫁さんのシャンプー使うのやめて、男性用のシャンプー使ってみようかな~と思って、ドラッグストアに行ってみると「男の薬用シャンプー」なんて書いてあります




そうすると、「なんか薬用って効きそうだな~使って見るか!」と軽い気持ちで買えてしまいます。




この間のブログでも書きましたが、男性用シャンプーで大切なのは、頭皮の環境を整えること。



でも手に取ったのは、殺菌成分で頭皮に必要な菌を殺してしまい、異常に強い洗浄力で頭皮に必要な皮脂までも除去してしまう、菌と皮脂のバランスが崩れる頭皮の環境がむしろ悪くなってしまうシャンプーだったりします。


そんなシャンプーをずっと使い続けることはお勧めしません。頭皮の環境が崩れてしまう可能性がですからね




怖いですね~(´Д`)




ちなみに頭皮の菌も皮脂も除去しすぎると、なくなっちゃったからいっぱい作るかってことになり、過剰に出てくることもあります。これも肌荒れの原因になりますよ~




恐ろしいですね~(°д°)



めずらしく煽ってみました(笑)




これだけ危機を煽りましたが、「薬用シャンプーずっと使っているけど、快調なんですよねー」という方もいるのがシャンプーの難しいところなんですよね。まぁこれがオリジナルのシャンプーを作らない理由だったりします←これもブログネタになるぞ(笑)





ただし、しかっりとしたアドバイスはさせていただきますので、シャンプーを変える時や、合わないと感じた時には、ぜひご相談下さいね。




商売下手な私は無理やり自分のところの商品を買わせたりしませんのでお気軽に(^O^)





クーターのホームページはこちら


ご予約は042-401-1548



fc2blog_20150128110115760.jpg

シャンプーで髪は生えない!

台風が過ぎ去り、今日の朝に「なんとなく秋めいてきたなー」とつぶやいた高田です。


あっという間に夏が終わってしまいました・・・なにもやってないぞ!(笑)




さて、クーターは私一人で営業している美容室なので、男性のお客様も気が楽みたいらしく、結構ご来店いただいております。
ワンツーマンになると相談もしやすいので、色々と相談をされて行かれますが、中でもダントツに多い相談が薄毛です




薄毛対策としてはいろいろな手段がありますが、手っ取り早く頭皮の環境を改善するために、まずはシャンプーの話をさせていただくことも多いのですが、業界ではもう当たり前になりましたが、お客様にはまだまだ勘違いされている方も多い事案があります。


それはシャンプーでは髪の毛は生えてこないという事です。


シャンプーでいかにも毛が生えてくるように謳ってるスカルプ○もシャンプーで毛が生えるなんて一言も言っていません。言っているのは「男を上げるシャンプー」っていうあいまいな表現です。(ある意味そんな表現をし続けてここまで毛が生えるイメージを作ったのは感心しますが)ていうか、毛が生えるって言ってはダメなんです。だって毛が生える成分は入っていないのですから。



毛が生えると謳って良いのは、「お医者さんに相談だ」でお馴染みのプロペシア(AGA)とミノキシジルという成分だけです。それ以外の成分は毛が生えると言ってはダメ。そこで育毛シャンプーは曖昧な表現を使っているわけです。そもそもほとんどが水と洗浄成分でできているシャンプーの中に発毛に効く成分を入れたところで、薄まりすぎて効果は全くないと思いますが、育毛シャンプーで検索するとほんとにいっぱい出てきますねー



育毛シャンプーを使ってまったく効果がないとは言いませんが、効果が出る対象の方ってとっても狭いと思うんです。育毛シャンプーの主張として多いのが、強すぎる洗浄成分や過剰な油分によって薄毛の原因になるというものですが、ハゲるほど強い洗浄成分と油分の多いシャンプーなんてほんとにあんのかよーって思います。



ってことで、育毛シャンプーで効果の出る方は相当粗悪なシャンプーを使っている方という事になります。私はそんな粗悪なシャンプーは知らないので、知っている方は教えてくだい。興味深いので使ってみたいです(笑)



その言い分でいうと、やさしく洗い上げて、余計な油が入っていない赤ちゃん用シャンプーがリーズナブルで良いと思います。効果があるのかどうかわからない、なんちゃらエキスとかが入っているので育毛シャンプーは価格が高いですからね。(嫌味)



頭皮環境を含む、食生活や生活リズムを改善して、細くなった髪の毛を太くして髪の毛が増やす方法(リー○21がこの方法)も確かに効果がないとは言いませんが、手っ取り早くプロペシアやっちゃた方が話が早いんじゃない?って結論になることが多いです。



育毛シャンプーも、AGAと併用するとさらに育毛効果が高まりますって言っているところも多いですが、それってAGAの手柄を自分のものにしようとしていない?って思います。



もちろんクーターでも男性用のシャンプーは扱っています。頭皮にやさしいのはもちろんですが、赤ちゃん用シャンプーではゴワつくので、サラッとした仕上がりと、男性特有のにおいをケアできるので、おすすめしています。スカルプ○よりもリーズナブルですし、内容もいいので。



ただ毛が生えるとは言いません(^O^;)



また、頭皮環境を整える意味でヘッドスパという方法もありますが、これに関しても色々言いたいことがあるんですが、さぼりがちなこのブログのネタを切らさないため、またの機会にさせていただきます。(笑)



秋めいてきたとはいえ、まだまだ残暑が続きそうですので、皆様お体にお気をつけてくださね!




クーターのホームページはこちら










裏を読む

暑い日が続きますね。皆様お体にはくれぐれもお気を付けください。


今回はシャンプーのお話しです。


過去にも私はお客様の髪がきれいになりなお且つ使い心地が良ければ中身が何が入っていようがあまり気にしない、ということを言いましたが、その考えに至る原因となったシャンプーがコレ


fc2blog_20141114115415153.jpg

アロマシャンプーです


シャンプーの成分を勉強していると、「この成分が入っているから良いシャンプーだ」とか「洗浄成分はアミノ酸系だからどうのこうの・・・」などと、使ってもないのに批評しがちでした。



私は良さそうなシャンプーは、こだわりのないど素人の我が奥さんに使ってもらって使用感を聞くんですが、「このシャンプーの成分はかなり優秀だから使ってみてー」と息巻いて使ってもらっても



「なにこれ全然泡立たないよー、やだー」とか「匂いがいやー」とか「ゴワゴワするー」などなど



意外と評判悪いんですよねー汗



特に泡立ちと匂いに関しては、こだわりのない我が奥さんでもうるさく言います(笑)



スペック的には良いんだけど、奥さんが気に入らなかった理由は洗浄成分にあります。



洗浄成分って何かと言いますと、シャンプーボトルの裏を見てみましょう。


上から商品名、キャッチコピー、使用法ときて細かく成分表示があるはずです。今はほとんど全成分表示になっているはずですが、一番最初に水と書いてあって、そのあとに続いて書いてある表示のだいたい2.3個目までが洗浄成分、いわゆる界面活性剤です。



ざっくりですが、シャンプー成分の割合は水が約50%洗浄成分が約40%です。残りの約10%に油だとか香料だとか防腐剤だとか修復成分だとか色々入っているのですが、ほとんど水と洗浄成分で作られているのがシャンプーなんです。水は水なので優劣はほぼありませんが、洗浄成分は40%近くも入っているのでこれの良し悪しがシャンプーの良し悪しにつながります。


シャンプー選びではこの洗浄成分が非常に大切ってことです。



ネットでもシャンプーの成分を分析して、これは悪い、これは良いと批評するサイトが山ほどあります。その中でも評判の悪い洗浄成分はラウレス硫酸Naラウリル硫酸Naです。


分析サイトでは悪魔のように扱われ、これが入っていると有無も言わさず「使ってはいけない」となります汗



しかし、ラウレス硫酸Naなどは薬局で売っているシャンプーに多く入っている、おなじみの洗浄成分です。安価で泡立ちが良くて洗浄力が高く、メーカーさん的にも使いやすい成分です。しかし、最近では分析サイトでの悪評を気にしてか、新発売のシャンプーに使われにくくなっている気がします。



その代りに最近使われだしたのがオレフィン(C-14-16)スルホン酸Naという成分。これも泡立ちや洗浄力の高い成分で、分析サイトで言うところの悪魔の子です(笑)



アロマシャンプーの洗浄成分はココイルグルタミン酸TEA、オレフィン(C-14-16)スルホン酸Na、コカミドDEAです







あっっっ、悪魔の子が入ってるー!(≧◇≦)






そうなんですオレフィン(C-14-16)スルホン酸Naが入っているんです。でも全然悪いシャンプーではないんですよ。とても使いやすい良いシャンプーです。私もアロマシャンプーを使う前は半信半疑でしたが、使ってみると、サラサラ・しっとり・泡立ち良し。そして価格も安いときて


使う前にあれこれ言ってごめんなさいと反省いたしました。



なぜ悪いと言われるオレフィン(c-14-16)スルホン酸Naが入っていても使ってみたらよかったのかというと、ココイルグルタミン酸TEAとコカミドDEAはとても相性の良い髪にやさしいコンビですが、この2つだけだと泡立ちが良くないんですよね。(奥さんが気に食わなかったのがこの点。美容師が思っている以上に泡立ちって大切なんですよね)弱点ともいえる泡立ちなどを安定させ、バランスをとるためにオレフィン(C-14-16)スルホン酸Naが入っているということです。




要するにメインで使っている洗浄成分ではないということ



もちろんですが、奥さんの評判もいいです。




確かにラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naに頼っているシャンプーはあまりいいシャンプーがないのも事実ですが、製造者さんいわくラウレス硫酸Naを使っても髪にやさしいシャンプーはいくらでも作れるそうです。



「使う前からぐずぐず文句を言うな!とにかく使ってみてから言えーー!」ってことですね(笑)




そんなことを言いつつも私はシャンプーの裏を読むのがくせになっておりまして、髪がないのにサンドラッグでシャンプーの裏を読んでる男がいたら、それは間違いなく私です。






クーターのホームページはこちら

オーガニックって何だ?

いやー暑いですね(汗)


早くも夏バテ気味の高田です


皆様も体調管理にはお気を付けくださいね



今日はオーガニックについてちょっとお話しします(美容師なのでシャンプー・トリートメント中心です)



お客様にも「オーガニックって髪や頭皮に良いんでしょう?」「オーガニックって何?」などの質問を良く受けます。



私は「自然派の成分のものですねー」「髪がごわつくものが多いですよー」「価格が高いですよー」などとお答えしていましたが、私の勉強を含めてこの場を借りてもう少し詳しく説明させていただきます。



まず、オーガニックとはでググってみました。それによると「有機農産物」のこと。農薬や化学肥料、遺伝子組み換え種子を使わないで作られた農産物のことらしいです。


さらに調べると「オーガニック○○○」っていうのもたくさん出てきます


オーガニックコットン・オーガニック食品・ ←このあたりはまだわかりますが


オーガニックカラー・シャンプー・オーガニックコスメ・オーガニック住宅まで・・・←このあたりになってくるとまったく農産物ではなくなってきます。


ではなぜオーガニック○○○と謳えるかっていうと、有機農産物を化合したものでもOK、さらに日本では有機農産物を化合したものが1種類でも入っていればオーガニックを名乗れるそうです!


オーガニックカラーなんてのは、化学物質だらけですからねー(汗)


世界各国には厳しい基準でオーガニックを証明する認定団体があり、意識の高いオーガニックブランドが海外ブランドが多いことや、またはドイツ○○認定、フランス○○認定などと謳っているのはそんな理由からなんですね。



話がちょっと飛びますが、私はシャンプーなどの髪のケアで使うオーガニック商品ってあんまり好きじゃないんです。



だってごわつくんだもん(泣)


自分の好きな女性像でもありますが、ゴワゴワした髪よりもサラサラの髪の方が好きに決まっています


だからごわつくオーガニックものはあまり好きではありません。



わたしはオーガニックだろうがノンシリコンだろうが何だろうがお客様の髪がきれいにサラサラになれば、何が入っていてもまったく気にしません。結果髪がきれいになれば何でもいいんです!


それを踏まえても、好きにはなれないのです


オーガニックが髪に良いかと聞かれたらドライヤーで言うところのマイナスイオンくらいのもんじゃない?(おこられるー)って思います。



良いのか意味がないのか、よくわからないものってこと



まず正規に流通しているシャンプー・トリートメントはどんな安いシャンプーでも天然由来です。



悪名高き石油系シャンプーもよく考えてください、石油の原料って・・・天然のものですよね?



シャンプー・トリートメントは原材料を化合して作ります。オーガニックでもこれは同じでそのままじゃ商品になりません。で、その化合するときに化学薬品を使うことが多い。・・・元も子もないですね(汗)



安全性に関しても植物系のものはやさしく思われがちですが、人間は植物に対してアレルギーを起こす危険性はありますし、防腐剤などの添加物も適量を配合する分には、成分が安定し無添加のものよりも安全性が高いともいえます。



オーガニックだから絶対安心ってことはありません。それなのにいかにも安心ですっていう風潮も好きではないんですよねー



すみません、いやいやうるさいですね。息子みたいだ(笑)


なので、シャンプー・トリートメント選びは髪のことを考えると、使い心地が良くて、髪がサラサラになるものを気にせず使っていただいて大丈夫です。



こんなシャンプー・トリートメントを使っていたら死んじゃうーーー!!


みたいなものは流通しておりませんので安心してください



もちろんおすすめはQuuterオリジナルトリートメントですが(≧◇≦)





クーターのホームページはこちら

このカテゴリーに該当する記事はありません。