fc2ブログ

東小金井の貸し切り美容室「Quuter」のブログ

「お客様の髪と時間を大切にするお店」東小金井の一人美容室です。縮毛矯正に自信あり!

完成間近

店の工事もかなり進んでまいりました。


ほぼ完成。











お店の雰囲気はなかなか好評ですよ~




ぜひ見に来て下さい!





あとはオープンまで突っ走ります!






ようやく電話もつながりました。




042-401-1548


までご連絡下さい。




お待ちしております。

スポンサーサイト



オープン日決まりました!

ついにオープン日が決定!



5月9日(金)に決定!!




ブログを見ていただいた方にはクレジットカードがまだ使えませんが、30日から
ご予約を受けれますので、ご相談ください。



写真がなくて申し訳無いですが、お店の工事もかなり進んでまいりました。


そして私のテンションも上がってまいりました(笑)




完成しましたらのせますね!





皆様のご来店をお待ちしております

髪の明るさをどうしよう?その2

前回の続きです。




どんな明るさオススメかと言うと






ほんのり明るく



がよろしいのではないかと思います。



暗くも、明るくもない明るさで色味は赤でも茶色でもなんでもオッケー。






すみません続いたわりには大した事言ってません





しかし、ほんのり明るくが白髪も染まりつつ、ダメージも抑えられ、老けて見えずにちょっとオシャレ。





いいとこ取りです。





暖かくもなってきましたし、ちょっと明るくしてイメージ変えてみるのもオススメですよ~








オープンに向けて、薬剤もより良いものに変えていこうと色々調べています。






簡単に言うと頭皮に優しく、染まりが良いカラー剤





カラー剤そのものが髪や頭皮に優しいものにするか、カラー剤にトリートメント成分を加えて優しくするか




などなど色々考えておりますので、より髪に優しいものを用意してお待ちしております!




そして、明日から本格的に工事が始まります。



オープン日も近日中にお伝えできると思いますので、少々お待ち下さい。

髪の明さをどうしよう?

開店準備のネタばかりなのでたまには美容師らしいネタをってことでカラーの話。


適当に雑誌から写真撮ったのでわかりにくいです。ごめんなさい

雰囲気で見てください。


まずは

続いてこれ


上が20代前半向け雑誌。

下は40代向け雑誌。

何をみて欲しいかと言いますと、髪の明るさ。


20代向けでは暗め。40代向けでは明るめになっています。



日本人の髪は黒髪。

日本人なですから黒髪で似合わない人なんていないんです。

それはどんな年齢だろうとみんな一緒。



ここからは個人的な意見もかなり入っていますのであまり真剣には受け止めないでくださいね。


なんで40代向け雑誌のモデルさんの髪が明るめの方が多いかって言うと


白髪をわかりづらくする
実年齢より若く見せる




この二つが主な理由かと思われます。


世間で美魔女とか言われている方を思い出していただけると分かり易いと思います。


髪明るい人多くないですか?



しかし、明るくするとどうしても付いてくるのは


ダメージとすぐにおとずれるプリン状態


髪を明るくすればするほどダメージは強くなります。
なので、定期的なトリートメントやパサパサ感が出ないように自宅でのブローも必要。

根元の黒い新生部はあっという間に伸びて、さらに白髪がある場合は白い毛が浮いてくるので、すぐに染めないとダメ。


逆に言えばこのようなお手入れを出来ればいくら明るくても問題ないんですよ。



でも大概の人が面倒って言います。


だから黒髪ブームが来たのも当然だと思います。


だって染めなくていいから楽じゃないですか。

黒髪の方が傷んで見えないし。

白髪もしっかり染まるし、日本人なんだから黒髪が似合わない訳が無い。



だから黒髪にしました~




でも









「老けた~」
(言葉悪くてごめんなさい)



こんな方が実に多かった。


もちろん、似合っている方もたくさん。




では、どのような明るさが良いのか?




長くなったのでその2に続きます。

アンビー卒業!




3月31日で6年間お世話になりました美容室アンビーを卒業しました。


周りの人たちに感謝します。お客様に感謝します。

沢山の方々の支えでここまで来れました


本当に
ありがとうございました!




ただお別れではないですよ~


東小金井の美容室Quuter【クーター】でお待ちしております。


気取らない気軽に立ち寄れる店を目指しておりますので、ぜひ気楽な気持ちで来てくださいね~


該当の記事は見つかりませんでした。