fc2ブログ

東小金井の貸し切り美容室「Quuter」のブログ

「お客様の髪と時間を大切にするお店」東小金井の一人美容室です。縮毛矯正に自信あり!

縮毛矯正いつまでかけれるか問題

夏休みはアンパンマンミュージアムでアンパンマンまみれになってきた高田です。


皆様はどの様にに夏を過ごされましたでしょうか?






今回は縮毛矯正のお話ですが、最近よくお客様と話題になるのが


「縮毛矯正っていつまでかけられるのかしら~」


というお話をよくします。


確かに縮毛矯正をかけたサラサラロングの年配の女性ってほとんどお見掛けしませんし、はたして私の髪は今後縮毛矯正に耐ええる強度を維持できるのか?という心配もあります。



縮毛矯正が始まったのが自分が美容師を始めたころなので、20年前くらいからだったと思います。その頃にサラサラヘアーに憧れて縮毛矯正を始めた方が10代後半から30代。それ以上の年齢の方はボリュームを出す方が好まれ、当時は縮毛矯正をあまりかけていないと思います。


なので、年配の方で縮毛矯正をかけ続けている方がまだいない現状で、先人たちがどのようにして縮毛矯正を辞めていったかという前例がほとんどないので、これから前例をお客様とともに私たちが作っていかなくてはならないのです!



とは言え、ある程度年齢を重ねても意外と掛け続けられるんではないか?と、最近よく思います。



年齢を重ねるとどうしても髪の毛の水分量が低下してしまします。健康な髪は約15%の水分量を有していますが、これが約10%まで低下してしまいます。それが原因で、髪に艶がなくなり、パサパサした髪になってしまいます。こうなってしまうと髪を伸ばすことが難しくなり、髪の長さを短くする傾向が多いです。



ただ、縮毛矯正をかけることで髪は艶が出ます。水分量は変わら無いのですが、曲がっている髪が真っすぐになることでパサつきも抑えられるので、髪がちょっと若返りますなので、けっこう続けられるんではないかなと思っております。



クーターでは50代で縮毛矯正をかけられているお客様も何人かいらっしゃいますが、はっきりいって美魔女ですね。年齢通りにはまったく見えません。



ただし、水分量が減っているということは髪がダメージしやすくなっているという事でもありますし、それに加えて白髪染めも行っている方が多いためダメージもあるので、髪を傷ませてしまうリスクがかなり高くなります。それにとトップのボリューム問題もあり、頭頂部の髪の量が減ってボリュームが無くなってしまうと、縮毛矯正はボリュームを減らす技術なのでさらにボリュームが無くなってしまいます。この状態の場合でもかけることは難しくなってしまいます。



そんな状態でも対応できるような、信頼がおける美容室を見つけておくという事もけっこう大事かなと思います。くせの強い方は縮毛矯正をかけた方が絶対に楽ではあるので、可能な限り縮毛矯正をかけられるように、技術を磨いてお客様の髪をきれいにし続けたいですね



クーターではどのように髪の年齢を重ねていくかをお客様と相談しながら見つけていけたらいいなと思っております。縮毛矯正でお悩みの方は是非ご相談ください。




クーターのホームページはこちら

関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kuutanuki.blog.fc2.com/tb.php/60-4c30519d
該当の記事は見つかりませんでした。